読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関東バス釣り初心者がランカーサイズへ挑む

池袋在住のバス釣り初心者が関東をメインに成長していく過程を綴ったブログ

初めましてバス釣り初心者です。

バス釣り バス釣り釣れない ブラックバス ブラックバス釣り ブラックバス釣り初心者 冬バス

 f:id:bassdra:20160104224440j:image

初めまして。バス釣りは中学生以来の10数年ぶりに開始することになったbassdra(バスドラ)と申します。
 
 
 
高校に入ってからぱったり釣りをやらなくなり、バンドしたり、いろんな職を転々としたり色々と遊びまくったり、そんなちゃらんぽらんな人間が、なぜ今更バス釣りを始めることになったのか?
 
 
赤の他人の人生なんて皆さん興味ないとは思いますが、それでもまずは自己紹介を兼ねて書きます。
 
 
書かせてください!(切実
 
 

 

自己紹介!

f:id:bassdra:20160105013930j:image
名前:bassdra
年齢:アラサー
住所:池袋在住
職業:IT系営業マン ※2016年4月からIT会社経営
バス歴:中学生の頃に1〜2年ほど経験。10数年のブランク期間を経て、2015年12月〜バス釣り再開した感じ。
今まで釣った魚種:ラージマウスバス(サイズは覚えてないが、腹がパンパンの40近いリバーバス)、ブルーギル、メッキ(エバ)位。
出撃フィールド:関東(霞ヶ浦、牛久沼、利根川、手賀沼、大堀川(遊びでパンつけてニゴイ2匹のフッキングに成功しましたが、手前で持ち上げようとしたら糸が切れてランディング失敗w)、2016年1月4日現在、関東バスを釣ってませんし、近くで釣ってる人も見かけない!ただ、どうしても釣りたい!!!
 
 
 

なぜ今更バス釣りを始めたのか?

f:id:bassdra:20160104224711j:image
高校の時はバンドにはまり、結局釣りはそれから先月までほぼしませんでした。飽き性な性格なのか、好奇心旺盛なのか、分かりませんが割と幅広くいろんな趣味を持ったと思います。
 
 
んで話戻すと、現在とある釣りサイトを運営しているのですが(別途紹介します)、釣りサイトを運営している身なのに釣りを全くしないのはやっぱりどうかと思い、それが始めたきっかけですw
 
 
割と真面目な動機だろうと思います、実に当たり障りのない動機。ただしジャンルはバス釣りではなく海釣りメインのサイトなので細かいところは全く違いますがw 釣る魚は違えど、根本的な基本は一緒なはず!と自分を納得させつつ始めました。
 
 
 

関東で、かつ社会人数年経験して、バス釣りに出かけて思った事

f:id:bassdra:20160104234425j:image
釣りに行ってみて改めて思いましたが、
 
 
 
 
釣りとは、
 
魚と人間との知恵比べ。
 
 
 
なんかそれっぽく書きましたけど、いろんな物語が釣りにはあるもんだなぁと最近改めて思い始めました。釣りで簡単に考える事もできますが、正直自然相手なのでとてもとても深すぎて愕然ともします。
 
あと関東にも東京首都圏からちょい離れれば自然もまだまだあるし、釣り人とのコミュニケーションもしっかり取れる。(地元釣り人の方は、割と優しく教えてくれる方が多い、話好きの方が多いのかな。というか若者より経験豊富な年配者と喋るからなのかもしれんw)
 
勿論ネットでの情報収集もとても大事だけど、現地にいる釣り人からの情報収集はやはり欠かせません。これもまた良い出会いですね。魚ともはよ出会いたいですが。
 
 
冬の厳しい時期に始めたのもあるかもしれませんが、関東の釣れるところにしか行ってないはずなのに、
 
 
 
 
釣れん!!
根がかりばかりで全く釣れん!泣
 
 
何個ルアーをロストしたか...考えたくないほどです。ロスト分のお金計算もしたくない...なぜここまでルアー高いのか...と憂鬱に思うほど。
 
 
ただそういう悔しい経験から毎回振り返りと反省をして次に臨む。また反省...みたいな。
 
そんなこんなで、青木大介バスプロが仰る適材適所という意味が体で体感できる良い経験をしました。まだまだ熟読中ですが、初心者にも非常にわかりやすい内容、中級者以上の方にも新たな発見と基本復習も兼ねる事ができる良い書籍です。良い本と出会えました、青木さん動画も観ましたが釣れすぎて凄すぎです。プロはやはり違います。
適材適所のルアーセレクト

適材適所のルアーセレクト

 

 

 

 

 
 
 
安心してください、まだ僕はバス釣れてませんから!
 
 
初回は中学生の頃の当時の感覚で行ったのがそもそも間違いでしたね。よく一緒に釣りしてた地元友人はとても釣りがうまかったなぁ。ロッドも割とライトなものを使ってて、ルアーよりもワームでちょいちょいバスとギルを釣ってたイメージ。大きいサイズ狙いよりは量狙いかな。今はバイクとか乗り物にハマって少し疎遠になりましたがw (話戻します。)
 
 
環境(障害物の有無、深さ、水温、日の当たり具合、その場所にいる虫や生き物、水の流れ、水の濁りなど)によって適切なもの(ルアー、ワーム、フック、ライン、ロッド、リールなど)を使う。
 
 
初心者が分かった気で書くとまあとても難しいw だって結果としてバスはまだ釣れてないんですから!関東ニゴイをパンでなんとなく釣ったくらいw 
 
 
 

近くの川でのニゴイ釣りが少しはヒントになったかも?

 f:id:bassdra:20160104235643j:image

ニゴイが見えている所にパンを落とすだけでは割と見向きもされずだったので、そこからこいつらをどう食すか?ってのはとても勉強になり少しばかりヒントにもなりそうな感じでした。
 
 
パンを細かくしてばらまいて、まずはニゴイさん安心してください、食べれますよ!ってのを出させて、そのあとにフックにパンをつけた糸を投げてかかる瞬間を見れたのもよかった。
 
フックにパンをつけて浮かせてトップ狙いか、それとも重りをつけて少し中層で狙うか?など考えながらやってました。釣果?は2匹、他あたりだけでも3〜4回はありました。バスではなかったけどとてもちゃんと釣りできたので面白かった...
 
 
川の反対側でお散歩してたおっさんが僕がファイティングしてるところを凝視してましたが、最終的なランディングで手前でバラした瞬間、トコトコ歩いて行かれましたw (フロロ8lbでは、そこそこのサイズであるニゴイは手前まで持ち上げられず、糸と針がプッツンしました)
 
 
色々と長くなりましたが、コツコツフィールドレポートや少しずつ良い情報を書いていければと考えてます!まずは冬バス1匹釣るぞ!
 
以上です。
広告を非表示にする