読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関東バス釣り初心者がランカーサイズへ挑む

池袋在住のバス釣り初心者が関東をメインに成長していく過程を綴ったブログ

久しぶりの茨城バス釣り!小貝川釣行!

バス釣り ブラックバス ブラックバス釣り ブラックバス釣り初心者 小貝川 小バス
f:id:bassdra:20160516002243j:image

bassdraです。

 
 
少々お久しぶりにバス釣りへ行って参りました。今回も悔しい戦いでしたが、ネタはできた気がします。苦笑
 
 

 

 

2016/5/15(日)15:00 in 道仙田

f:id:bassdra:20160516002408j:image
今回も素敵な天気でそこそこの風が吹いてはいましたが太陽と気温が心地よい。なかなか良いリフレッシュができました。そして相変わらずプレッシャーあるフィールドで人気ありでとても勉強になりました。
 
 
 
 
障害物が多い場所でどう選択してどう打っていこうかなと考えながら、
 
ワームならノーシンカー、ルアーならトップウォーターかスモラバ、スピナーベイト
 
が根掛かりはあまりないかなという判断で慎重に打っていきました。その為キャスト数はいつもと比べて少なかった気がします。
 
 
田んぼの水を引く用水路と繋がってる所があり(表面的に水色が変わっていた)、小魚の群れが大量にいましたが、バスなどが捕食している様子も無く表層側には出てきていない。直射日光で少し水温も上昇気味だと考えると少しだけ暑かった事を考えれば、アシ際や中層か低層にいるのかな?と色々と考えながらやってました。
 
 
 
 
周りの方々も足で動きながらバスを探っている現状だったので、いないと分かればささっと横移動していく。 僕らも一通り場所を思い出すために足で移動しながらちょいちょい探っていきました。
 
 
 
 
 
手前岸がちょっとアシが茂っていて途中でぶっこ抜かないと釣り上げられない場所も多々あり、 いつものように単純にキャストは出来ないので、お試しにカエルポッパーをその辺りで投入してみる。着水した横がちょうどアシだったのでその付近を通過させながら誘ってみる作戦。パシャッ、パシャッと不規則なアクションを加えると
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
パシャン!
 
 
 
 
 
 
 
とポッパーのところで小さな捕食音と同時に小刻みなグググッと元気な引きが!w
 
 
 
 
 
 
 
 f:id:bassdra:20160516094824j:image
ルアーかと思うくらいのサイズ。コバッチですw 人生で初めてこんなミニーなサイズを釣りました。 とても可愛い。このサイズだと大きなバスに食べられてしまいそうな位小さい。バス持ち出来ましたがちっさい。ものすごくちっさい。(何度でも言いますw
 
 
 
カエルポッパーを疑いもなく食って掛かる元気良さ。むしろコバッチの口からしたらサイズオーバーやん?食欲旺盛なのか、攻撃的に食ってきたのか?定かではありませんが、そろそろ季節的にそういった虫が出てくるからこういう飛び道具的なものも通用するのかな?と思わされた成果でした。
 
 
 
これをヒントにトップウォーター系でアシ際などを丹念に攻めていこうと思いましたが、キャストミスで引っ掛けたアシがかなり根強くてあっけなくカエルポッパーをロスト...力不足。 これが結果的にノーフィッシュノーバイトで終わる事に。
 
 
 
 
 
 
 
 
色々とノーシンカー系で表層や中層を探っていくもダメ。力及ばず。
 
 
 
 
 
再度駐車場付近に戻り、そこで探ってると相方が『なんか今グーッと引かれるアタリがあったかも?』と言うではないですか。ネコリグでやってもらってましたが、よく見たら亀が何匹か優雅に水面から呼吸して頭をピョコンと出しているではないですか。亀ではないよね?笑 とお互い苦笑いしながら探るもここもノーバイト。
 
 
 
 
また流れがゆったりしている場所はリリーパッド?エリアがありました。あまり見たことないのでちょっと感動。リリーパッドの下にバスが避暑地的な意味で隠れているという情報はよく聞きますが、じゃあどうやってこやつらを食わせるのか?と言う所が今はよく分かりません。
 
 
そもそもフィネス寄りのセッティングのため、リリーパッドの上をノーシンカーでうまく通していくか、たまにポチャンさせたりするか位しか想像できません。仮にバイトしてもこのセットではこの場所では強引に釣り上げられない為、ヘビー寄りなタックルセットが1つ欲しいところです。そろそろ買う意味があるので、早く仕入れに行きたいなぁ。
 
 
 
 
 
 
 
 
日も暮れるのは時間の問題となってきたのでまだ行ったことない小さな橋がある所に行ってきました。
 
 
 
 
高校生達と若い方が先に入っていてやはりここもバスがいるんだなぁと思い、場所が空くのをうまく待ちながら色々とじっくり観察してみたりお邪魔にならぬよう軽くキャストしてみたり。
 
 
 
 
 
高校生達がいた場所が空いたので、多分ちょいちょい騒いでいたからプレッシャー高いんだろうなと思いながらバスが戻ってくることを願いながらキャスト。
 
 
 
 
若い方2人のうちの1人の方が、30㎝前後のラージマウスバスのフッキングに成功しバス持ちランディングし、計りもせずに素早いリリースで帰宅されて、経験値の違いを見せつけられて感心させられました。笑
 
 
 
僕らがやっていた場所でバスはいたんだなぁと。杭が何本か規則的に並んでいたのでその付近を通して食ってきたのかもしれません。その辺りは引っかかり辛そうだったので、ミノーやクランクやスピナーベイトなどの巻物でも投げられそうだったので次回はそれらを試したい。
 
 
この後某堰へ行きましたが何もなしw 
 
 
 

2016/5/1(日)釣行記録

釣行場所:道仙田
釣行時間:約15:30〜19:30(約4時間)
天気:晴れ、風少し強め
水質:少々濁りあり、某所は増水気味、某堰は相変わらず減水気味
水温:-
釣果:1
バイト数:1
ロスト:カエルポッパー×1、ネコリグ×1
 
 

反省点

・トップウォーター(フロッグ、ポッパー)の手数を増やし、リリーパッドでも対応可能なタックルセットを用意する。
 
以上です。
広告を非表示にする