読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関東バス釣り初心者がランカーサイズへ挑む

池袋在住のバス釣り初心者が関東をメインに成長していく過程を綴ったブログ

夏の小貝川バス釣り、印旛沼で初釣行編!

小貝川 バラシ ナマズ 印旛沼 ブラックバス釣り初心者

f:id:bassdra:20160814200338j:image

お久しぶりです。bassdraです。

 

7月はかなり仕事でドタバタしておりまして、何度か出撃していたものの、あまり釣果らしい釣果がなかったりで更新が滞っておりました。すみません!

 

それでは少し簡単にですが、フィールドレポートを纏めてお送りします。

 

2016/7/18(月)11:30~12:30 in 某排水機場付近

f:id:bassdra:20160814200403j:image

相変わらず暑くて増水してて濁りがある状態でしたが、一本取れました。

 

実績あるグリフォンのクランクベイトで巻きものメイン。増水前の地形は覚えていたので恐らくこの辺りに凹みがあるだろうとか、これから水温上がるからちょっと深みにいるのではないか、とか色々考えてたらグンッと重くなり引いてみると25cm前後のコバッチヒット。

 

後この日は夕方道仙田へ移動し粘りましたが、相方が釣る小さいブルーギルのみで終了。

 f:id:bassdra:20160814200425j:image

 

 

 

 

 

2016/8/7(日)13:00~15:00 in 印旛沼付近

f:id:bassdra:20160814200447j:image

ホームの小貝川を一度離れて新たな場所を開拓してみようという事で「印旛沼」を選択しました。多少遠くはなりますが、ちょこちょこ釣果も上がっているので行ってみました。

 

 

ただ全然場所が分からない為、おおよその場所をネットで検索し、バス釣りしている人から直接情報を取って水路メインでの釣行でやってみました。

f:id:bassdra:20160814200647j:image

結果はノーフィッシュながらも見えバスや相方含めアタリやバイトは何度かありました。かなり足を使いながら散策し、小さい水路や中央排水機場付近に行ってみたり、フィネス寄りの細かい釣り方ができれば数は少しは出るかなと思いました。大きめとなるとやはり印旛沼へ出向いた方が良さそうです。

 

 

 

 

 

2016/8/13(土)13:00~14:00 in 小貝川、某堰

f:id:bassdra:20160814200859j:image 

久々の某堰へ出撃するために途中で発見した新たな場所で、相方が3投目でスモールマウスバスを釣りましたw 

 

 

いつものジグヘッドにグラブでサクッと釣ってました。先行者が既に入っててちょうど出るタイミングだったので釣果を伺い、小さくても良いからまずは結果が欲しいと乗り込んだ3投目フィッシュ。早すぎる。

 

 

ここは足場はあまりよろしくなく全体的に浅め。子バスの群れは何度かいたり、奥地でボイルしたりなどの生命感を感じたりしてたので大きいのもいるだろうなと思いながらも僕はノーバイト。こういう場所で役立つシャロークランクで巻き巻きするも何もなし。まずは相方リードで始まりました。

 

 

15:00~19:00 in 某堰

先行者も既に入っており、僕らは少し水門付近で様子見を見て、それから草ボーボーな奥地へ入り込んでいきました。夏場は虫対策しないとヤバめです。スズメバチやら色んな虫が沢山いてちょっと危険でした。道仙田もそうですが、草ボーボーの所は虫対策の長袖や長ズボンに長くつ的な装備が必要ですね。

 

 

以前行った場所でやたら生命感ある所があったので、今回もそこへリベンジしに出向きました。思った通り今までにない位、いろんな魚影がある場所。特にストラクチャーがあるわけでもなく、かといって水中は水草も少なく泥っぽいイメージしかないのでクランクもしっかり根掛かりせずに巻けます。

 

 

相方が先ほどのグラブでずる引きしてるとまたスモールマウスバスが掛かりました。調子いいなぁ。足場が高かったのでブッコ抜いてもらう直前で暴れて、結局はそのまま即リリースと相成りましたw ランディングは失敗しましたが既に2匹釣れてます。幸先素晴らしいスタートであとは僕がどう結果出すか...

 

 

僕も黒3incグラブへ切り替え、小さくてもまずは釣るのにフォーカスしたら案の定、元気なスモールがヒット。25センチ前後でしたがあまりにも元気すぎてびっくり。ブッコ抜く前に暴れられてそのままバレて即リリースw なので2人とも写真がありません・・・。

 

 

その後、大きめのバスを釣るためにグリフォンのクランクベイトへ切り替えてコツコツ地面を叩きながら巻き巻きしてると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ズンッ

 

 

 

と重めなアタリがあり、少し止めて一呼吸おいてフルフッキングしたらナマズでした。(結局手前でラインブレイク...ごめんなさい)

 

 

クランクで底を探りながらだったのでそこから食いついてきたのでしょう。水面に上がるまでは全然何者かが分かりませんでした。(最初はニゴイか?とも思いましたが、全く想定していなかった外道です)

 

遠目からのバイトだったので重いながらも何とか引き寄せられてるので相方も半信半疑だったようです。僕はなんかヌワーッと重く引いてるなという感覚で細いラインなのでドラグ調整を早めにしていましたが実際はそこまで引かず途中まで重いだけでした。(完全に油断してました)

 

 

手前位まで引き寄せると猛反撃でバシャバシャ逃げ惑う。ナマズだ!と確認して僕がひるんだすきにテトラの根に潜られ、こちらも引っ張ろうとするも奥に入られて根ずれからのラインブレイク。

 

 

手前に来た時点で即手でつかむくらいの事をやらないとまた同じことの繰り返しと反省しました。

 

雷魚は触れるようになりましたが、ちょっとナマズはまだ触りたくない気持ちもあるので軍手は必須ですね。少し不気味でヒゲが気持ち悪い。雷魚もいけるようになったのできっと慣れるでしょうw

 

 

ランディング用ネットもいまだ買えてません・・・。結局手前まで持ってこれてるのにランディングできずに全てばらしました。今回は手ごたえがかなりあったのに結果を出せずバラしてしまう実力不足が多々あったので、事前準備が必要ですね。

 

 

 

2016/8/13(土)釣行記録

釣行場所:小貝川の某所、某堰
釣行時間:約13:00〜19:00(約6時間)
天気:晴れ
水質:割と綺麗
ロスト:3(シャロークランク、グリフォンクランク、スピナーベイト)
釣果:1(バラシ4)

 

 

反省点

・釣果数よりも手前でのバラシが多く、ランディングまでは絶対油断しない。

・次回釣行時までにランディングネットを購入する。(まずは安物の短めでも良い、長めはもっと上達してから)

・次回釣行時は、長靴、虫対策用に羽織れるもの、長ズボンは装着していく。軍手も併せて持参。

 

以上です。

広告を非表示にする